講座詳細情報

申込締切日 / 2023-01-30ジャンル / 学内講座コード / 340406

水墨画入門―奥深きモノクローム、驚きの表現世界

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 中野校(東京都)]

問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248

開催日
2月 1日(水)~ 3月 1日(水)
講座回数
3回
時間
15:00~16:30
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
10,246円
定員
36
その他
会員受講料: 8,910円(入会金は8,000円(税込))
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講義概要】
水墨画の特徴は「筆墨の文化」「書画の文化」という、東アジアで共有されていた文化的基盤を持っていたことです。江戸時代までは文字も図面も絵も、何をかくにも「筆と墨」でしたから、その感覚は人々にゆき渡っており、水墨画も素直に見ることができました。水墨画家も、プロフェッショナルからアマチュアまでの幅広い層があり、絵のクオリティも、高度な技で描き込まれたものから、席でさらさらと描かれた席画まで多彩なものでした。これが明治以降の「欧化」「近代化」のなかで失われてゆくのですが、パソコン・スマホ全盛の今、取り戻す価値があると思います。そんな立場から、「水墨画」と「筆墨の文化」の魅力をお伝えしたいと思います。

【各回の講義予定】
第1回 2023/ 2/ 1(水) ひとめで分かる水墨画の魅力
第2回 2023/ 2/15(水) 水墨画略史:「筆」と「墨」の歴史
第3回 2023/ 3/ 1(水) 「筆墨」「書画」「水墨画」の現代性

備考

【ご受講に際して】
定員変更24→36(2022/11/16)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師

名前 島尾 新
肩書き 学習院大学教授
プロフィール 1953年、東京生まれ。東京大学大学院美術史学専門課修士課程修了。東京文化財研究所広領域研究室長、多摩美術大学教授を経て、2012年から学習院大学教授。専門は雪舟・詩画軸や座敷飾を中心とした室町時代の美術だが、広くは中国・朝鮮を含めて現代までの水墨画を研究。ここ二十年ほどは、画家との交流や研究会を通じて、水墨画の復興と普及にもつとめている。『雪舟の「山水長巻」』(小学館、2001年)、『すぐわかる水墨画の見方』(東京美術、2005年)。『もっと知りたい雪舟』(東京美術、2010年)、『水墨画入門』(岩波新書、2018年)、『画聖雪舟の素顔』(朝日新書、2022年)がある。
講座を申し込む 資料を請求する
この講座について主催校に質問する

関連講座