講座詳細情報

申込締切日 / 2023-03-02ジャンル / 文化・教養 学内講座コード / 240723

宇宙が数式にしたがっている理由

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 八丁堀校(東京都)]

問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248

開催日
3月 4日(土)~ 3月11日(土)
講座回数
2回
時間
13:00~16:30 ※途中休憩をはさみます。
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
13,662円
定員
30
その他
会員受講料: 11,880円(入会金は8,000円(税込))
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【目標】
・太陽系惑星の運動から物理法則が発見された歴史を学ぶ
・宇宙が物理法則に支配されている事実を追体験する
・物理法則が数学で記述できる不思議さを実感する

【講義概要】
この宇宙は物理法則に支配されています。さらに、それらは数学を用いて美しく(簡潔に)記述できるようです。これは驚くべき事実なのでしょうか、あるいは、この世界のなかから都合の良い一部の現象しか見ようとしない物理学者の無知あるいは思い上がりにすぎないのでしょうか。実は私は「宇宙が数学に支配されていると信じる派」です。この講座では、なぜ私がそのような信念を持つに至ったのかを、古代ギリシャのプトレマイオス的世界観からアインシュタインの一般相対論に至る科学史、そして現代宇宙論の最新の成果を紹介しながら説明したいと思います。宇宙が、そして世界が数学で記述される不思議さを共有してもらうことを目指します。

【各回の講義予定】
第1回 2023/ 3/ 4(土) プトレマイオスからアインシュタインへ
第2回 2023/ 3/11(土) 物理法則と数学と宇宙の関係

備考

【ご受講に際して】
◆休講が発生した場合の補講は3月11日(土)を予定しております。
◆本講座ではいくつか数式が登場しますが、それはあくまで複雑な物理法則が数学を用いて簡潔に表現できることを示すのが目的です。それらを用いて計算したり、ましてや証明したりはしません。したがって、宇宙と物理法則に興味がある方であれば、事前の知識はなくとも理解していただけると思います。

【備考】
※2/25は講師都合により休講となりました。補講は3/11に行います。パンフレットに記載の日程から変更になっておりますのでご注意ください。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師

名前 須藤 靖
肩書き 東京大学大学院教授
プロフィール 高知県安芸市生まれ。カリフォルニア大学バークレー校、茨城大学、広島大学、京都大学を経て現職。専門分野は観測的宇宙論と太陽系外惑星。著書に『一般相対論入門』(日本評論社)、『この空のかなた』(亜紀書房)、『不自然な宇宙』(講談社ブルーバックス)、『宇宙は数式でできている』(朝日新聞出版)などがある。
講座を申し込む 資料を請求する
この講座について主催校に質問する

関連講座