講座詳細情報

申込締切日 / 2023-01-30ジャンル / 学内講座コード / 140723

見ても楽しいポップ科学 科学神話の作られ方

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター 早稲田校(東京都)]

問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248

開催日
2月 1日(水)~ 3月 1日(水)
講座回数
4回
時間
10:40~12:10
講座区分
その他 
入学金
 - 
受講料
13,662円
定員
30
その他
会員受講料: 11,880円(入会金は8,000円(税込))
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【目標】
・科学ジャーナリズムを哲学する。
・科学情報がもつ非科学的影響を正しく理解する。
・個人と社会と国家の関係を、身近なできごとから読み解く。

【講義概要】
モダンライフは「大衆社会」と「機械文明」と「情報社会」でできている。本講義では「モダンライフ」とは何かを語ってみせたメディアの「語り口」を分析する。更に20世紀の科学技術、そこから誕生した機械器具・日用品についての表現スタイルを取りあげる。科学雑誌や新聞記事、映画や小説など、科学技術に関するものなら一切ジャンルを問わない。そこには大衆が抱いた「科学イメージ」が無意識のうちに投影されているからだ。そんな非専門家が抱いた表象世界、必ずしも正確ではないテクノロジー像が、大衆文化の「新たな神話」として作用する様子を追う。現代は「科学の時代」ではなく「科学神話の時代」だ。こうした事態を明らかにする。

【各回の講義予定】
第1回 2023/ 2/ 1(水) 科学神話とは何か?
第2回 2023/ 2/ 8(水) 20世紀ポップ科学の神話圏
第3回 2023/ 2/15(水) 流線形:物理学から優生学へ
第4回 2023/ 3/ 1(水) モダンライフの構造的神話性をあばく

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師

名前 原 克
肩書き 早稲田大学教授
プロフィール 長野県出身。専門はドイツ文学・表象文化論・都市論。神戸大学国際文化学部・立教大学文学部で助教授・教授を歴任し2003年より現職。主な単著『流線形の考古学』(講談社学芸文庫)、『アップルパイ神話の時代』(岩波書店)、『騒音の文明史 ノイズ都市論』(東洋書林書店)他多数。
講座を申し込む 資料を請求する
この講座について主催校に質問する

関連講座