講座詳細情報

申込締切日 / 2022-12-11ジャンル / 文化・教養 学内講座コード / 930301

【オンデマンド】ハングルの誕生―人間にとって文字とは何か

主催:早稲田大学エクステンションセンター早稲田大学エクステンションセンター オンデマンド(東京都)]

問合せ先:早稲田大学エクステンションセンター TEL:03-3208-2248

開催日
12月13日(火)~12月13日(火)
講座回数
2回
時間
00:00~23:59
講座区分
数回もの 
入学金
8,000円
受講料
3,960円
定員
20
その他
ビジター価格 3,960円
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【目標】
・言語と文字はどのようなものかを知る
・ハングルの誕生の劇的な過程を見る
・ハングルの展開と今日のありようを見る
・ハングルは仮名や漢字やローマ字とどう異なるのかを知る
・言語に触れ、言語を知る愉しさを共にする

【講義概要】
15世紀朝鮮語圏にハングルが誕生しました。人の世に文字が生まれると、いったい何が起こるのか。人は文字をいかに生きるのか。今日、世界を駆け巡るハングル。ハングルの誕生と展開から〈話されたことば〉と〈書かれたことば〉の豊饒なる流転、そして驚くべき秘密に私たちは出会います。愉しい時間を共にしながら、言語と文字はどのようなものかを迫る旅をご一緒しましょう。

備考

【ご受講に際して】
◆この講座は
 2022年度 春期 「【対面+オンラインのハイブリッド】ハングルの誕生―人間にとって文字とは何か」 (06/04~06/11 土曜日、全2回)
 で開講した講座のアーカイブ講座になります。
◆途中映像音声の乱れるところがありますがご了承ください。
◆オンデマンド講座のため講義内容に関する質疑は受付けいたしかねます。あらかじめご了承お願いいたします。

【テキスト・参考図書】
テキスト
『ハングルの誕生 人間にとって文字とは何か 平凡社ライブラリー』(平凡社)(ISBN:978-4582769227)

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師

名前 野間 秀樹
肩書き 言語学者、元東京外国語大学大学院教授
プロフィール ソウル大学校韓国文化研究所特別研究員、国際教養大学客員教授、明治学院大学客員教授など歴任。著書に『新版 ハングルの誕生』平凡社、アジア・太平洋賞大賞、朝鮮日報・東亜日報2011今年の本、『言語存在論』東京大学出版会、『言語 この希望に満ちたもの』北海道大学出版会、『日本語とハングル』文藝春秋、『韓国語をいかに学ぶか』平凡社,その他学習書多数。編著書に『韓国語教育論講座 1-4巻』くろしお出版、『韓国・朝鮮の知を読む』クオン、パピルス賞受賞、共編書に『韓国・朝鮮の美を読む』クオン等。2005年大韓民国文化褒章受章。2012年周時経学術賞受賞。現代日本美術展佳作賞、リュブリアナ国際版画ビエンナーレ、ブラッドフォード国際版画ビエンナーレなど、美術家としての活動もある。ジャズやK-POPなど音楽もこよなく愛す。
講座を申し込む 資料を請求する
この講座について主催校に質問する

関連講座